欧州為替:ドル・円は安値圏、ユーロ・ドルは11カ月ぶり安値

マネーボイス 必読の記事




 ドル・円は欧州市場で安値圏のもみ合い。東京朝方に付けた本日安値の110円33銭まで弱含んだ。欧州株が全面安、米株先物も下落し、米10年債利回りは2.90%台に低下し、
ドル売り・円買いが強まっている。

 一方、ユーロ・ドルは5月29日に付けた今年最安値の1.1510ドルを一時下抜け、1.1509ドルまで下げた。イタリア議会の上院財政委員長にユーロ懐疑派が指名されたことが売りにつながったもよう。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円33銭から110円62銭。ユーロ・円は127円00銭から127円91銭、ユーロ・ドルは1.1509ドルから1.1568ドルで推移。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい