欧州為替:ドル・円は112円51銭から112円30銭まで下落

マネーボイス 必読の記事



 16日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円51銭から112円30銭まで下落した。米国の6月小売売上高の発表を控え、欧州通貨の買い戻しをきっかけにドル売りが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1688ドルから1.1725ドルまで上昇し、ユーロ・円も131円47銭から131円70銭まで上昇した。

 ポンド・ドルは1.3237ドルから1.3293ドルまで上昇。ドル・スイスフランは1.0006フランから0.9972フランまで下落した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい