長谷川香料<4958>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年7月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

長谷川香料<4958>

3ヶ月後
予想株価
2,200円

総合香料メーカー。食品、飲料、化粧品等の業界向けにテーラーメイドの香料を提供。国内第2位の業界シェア。年間約14000品目を販売。部門別ではフレグランスが好調。中国子会社が売上増。18.9期2Qは増収。

フレーバー部門は米国子会社の売上増加、M&A効果等が売上寄与。マレーシアはスナック向け売上が減少。18.9期通期は増収計画。株価指標は手掛けやすい水準だが、収益鈍化が株価の重し。当面は上げ渋る展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.9期連/F予/50,700/5,260/5,530/3,910/92.14/35.00
19.9期連/F予/53,000/5,800/6,050/4,200/98.98/35.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/13
執筆者:YK

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい