fbpx

東京為替:ドル・円は111円50銭台で推移、株安継続でドルは上げ渋る展開

マネーボイス 必読の記事



2日午前の東京市場でドル・円は111円50銭台で推移。日経平均株価は75円安で推移しており、下げ幅はやや拡大していることから、ドルは伸び悩んでいる。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。日本の長期金利上昇を意識したドル売りは一巡しており、長期金利の上昇は一服していることから、株価が反転した場合、ドル・円は111円80銭近辺まで戻す可能性は依然として残されている。ここまでのドル・円の取引レンジは111円60銭から111円75銭。
・ユーロ・円は、130円14銭から130円30銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1658ドルから1.1666ドルで推移

■今後のポイント
・111円台前半で個人勢などのドル買い興味
・1ドル=112円-115円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値67.95ドル 安値67.77ドル 直近値67.92ドル

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー