fbpx

(中国)上海総合指数は0.18%安でスタート、元安進行や海外環境の不透明感で

マネーボイス 必読の記事



14日の上海総合指数は売り先行。前日比0.18%安の2780.74ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.41%安の2774.40ptで推移している。トルコの通貨危機への懸念が高まっていることがリスク回避の売りを加速させている。国内では、元安進行が圧迫材料。また、7月の経済指標がきょう日本時間11時ごろに発表される予定となり、慎重ムードも強い。


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい