fbpx

東洋ドライルーブ<4976>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年8月17日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋ドライルーブ<4976>

3ヶ月後
予想株価
2,700円

機能性被膜の総合メーカー。ドライルーブ製品の製造・販売を手掛ける。ナノカーボン製品の製造・販売等も行う。一貫生産体制が強み。主要販売先向けは売上増。原価低減施策等が収益寄与。18.6期は2桁増収増益。

自動車機器業界向けは堅調。光学機器業界向け、電気・電子機器業界向けは売上伸長。19.6期は増収計画。新製品拡販活動などに注力。PBRは1倍割れだが、収益鈍化懸念が株価の重し。当面は戻りの鈍い展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.6期連/F予/5,650/545/745/525/396.52/38.00
20.6期連/F予/5,850/600/800/550/415.40/38.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/17
執筆者:YK

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい