fbpx

コンコルディア・フィナンシャルグループ<7186>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年8月22日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

コンコルディア・フィナンシャルグループ<7186>

3ヶ月後
予想株価
550円

横浜銀行と東日本銀行が経営統合し16年4月に設立。総資産規模で地銀トップ。東京きらぼしフィナンシャルグループと業務提携。国内預貸金利息横ばい。市場関連損益、役務取引等利益は減少。19.3期1Qは業績低調。

18年6月末の総自己資本比率は13.03%。中小企業等貸出など貸出金は増加。預金残高は個人、法人ともに増加。19.3期通期は増益計画。同業比で配当利回りには見直し余地があり、今後の株価は底堅い展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/329,500/-/103,000/70,000/55.86/15.50
20.3期連/F予/333,000/-/105,500/71,200/56.82/15.50
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/22
執筆者:YK

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい