fbpx

【展望】9月は絶好の買い場になる? 米国株の調整入りに備えよ(9/4)=山の中

例年、値動きが悪い9月相場。NY市場に調整期入りの兆候が出ており、注意が必要な状況です。20日には自民党総裁選を控え、日経平均はどう動くのでしょうか?(『山の中の超相場観』)

※本記事は、『山の中の超相場観』2018年9月1日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

突っ込み買いのチャンスがやってくる? 9月相場のシナリオは…

値動きが悪い9月相場

いよいよ9月相場なので勢いのいいことを書きたいですが、現在の日経平均は方向感がありません。2万3,000円台に到達しても1日と持たず下押しして2万2,800円台は維持しています(編注:原稿執筆時点9月1日。9月3日の終値は前週末比157円安の2万2,707円となっています)。上下どちらにもいく可能性があり、上40、下60で下方に放れていく可能性がやや高いかな、という気がしています。

そのように判断する理由は、まずひとつには、9月という月の特性です。戦後、月別の日経平均騰落率で上昇率が高い順は1月→4月→12月→11月→3月。逆に上昇率が低い順は9月→5月→10月→7月→8月。つまり9月は最も値動きが悪いのです。

無論、これはデータに過ぎないので、そうならない可能性もあります。ですが、上がりやすい月がある一方で、上がりにくい月もあるのは仕方ありません。

米国市場は調整期に入るか

もうひとつ9月に懸念するのは、そろそろNY株式市場が調整期に入りそうなことです。あまりに過熱感があるので、そろそろ利益確定が入っておかしくありません。

下のチャートは、NYダウの月足10年です。過去には乖離率が20を超えると調整が入っています。直近は今年1月から2月にかけてです。現在やや冷やしが入り下がっていますが、7月から再び上昇を始めており、9月には20にタッチしそうです。この点、要注意です。

180904yamanonaka_1

ただし9月に入り、必ずNY市場が調整に入るかはまだわかりません。今年2月に急落した背景は過熱感もさることながら、ファンダメンタル面で買われすぎていた警戒感がありました。

以下にNYダウPERのチャートを載せたので参照ください。今年1月26日時点でNYダウPERは28.45倍まで買われています。そこから急激に調整が始まっています。現在のNYダウPERは23.47倍で調整過程にあり、決して買われすぎているわけではありません(あくまでも今年1月との比較においてですが)。現在各種経済データも好調で株式は将来の成長を見越して買われる特徴があるため、PER23倍台が買われすぎているとは一概に言えません。

180904yamanonaka_2

ただし、現在の景気見通しが良くても、これからはわかりません。

米中貿易摩擦や北米自由貿易協定など各国とトランプ米政権は通商協議を行っていますが、その結果、継続して米国経済が好調である保証はありません。そういう死角がないか、十分に注意をしておく必要はあるでしょう。

Next: 絶好の買い場になる? 9月相場のシナリオは

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい