fbpx

東京為替:ドル・円は小じっかり、上海総合指数は再浮揚

マネーボイス 必読の記事



 7日午後の東京市場で、ドル・円は小じっかりとなり足元は110円60銭付近で推移する。日経平均株価の軟調地合いが続く一方、上海総合指数はプラス圏に再浮揚し、円買いがよわまったようだ。ただ、欧米株式先物のマイナス圏推移に変わりはなく、目先もドルの戻りは鈍いだろう。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円38銭から110円75銭。ユーロ・円は128円23銭から128円73銭、ユーロ・ドルは1.1614ドルから1.1631ドルで推移。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー