fbpx

藤井産業<9906>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年8月29日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

藤井産業<9906>

3ヶ月後
予想株価
1,550円

電設資材や産業機械、土木建設機械等の販売、メガソーラー発電事業を手掛ける。首都圏中心に新エリアへの販売開拓を強化。電設資材は売上増。空調機器は横ばい。通信工事、首都圏売上が好調。19.3期1Qは営業増益。

産業システムは売上堅調。情報システムは文教向けICT機器更新案件が順調。設備システムは大型案件等が寄与。土木建設機械は横ばい。19.3期通期は増収見通し。株価指標は割安感が強く、株価は底堅い展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/75,000/2,600/3,000/1,900/224.38/45.00
20.3期連/F予/76,500/2,650/3,050/1,920/226.74/45.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/29
執筆者:YK

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい