fbpx

株価大幅上昇のダブル・スコープを対象とするコールが前日比3倍超え(27日10:00時点のeワラント取引動向)

マネーボイス 必読の記事



新規買いは原資産の株価上昇が目立つそーせいグループ<4565>コール51回 11月 1,875円を順張り、そーせいグループコール53回 11月 2,250円を順張り、塩野義製薬<4507>プット19回 3月 5,500円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つファナック<6954>コール175回 4月 23,000円を逆張り、ルネサスエレクトロニクス<6723>コール11回 3月 1,000円を逆張り、安川電機<6506>コール50回 10月 4,300円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては安川電機コール48回 11月 4,750円、トヨタ自動車<7203>コール283回 2月 7,000円、日経平均プット926回 11月 23,000円、安川電機プット44回 2月 3,600円、ジャパン・テクノロジーバスケットコール6回 11月 1,300円などが見られる。

上昇率上位はダブル・スコープ<6619>コール33回 10月 1,600円(前日比3.5倍)、ダブル・スコープコール35回 12月 2,200円(前日比2.3倍)、ダブル・スコープコール34回 12月 1,800円(前日比2倍)、ファナック<6954>プット149回 10月 21,000円(+79.3%)、トリケミカル研究所<4369>コール7回 11月 5,750円(+71.6%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー