fbpx

FRONTEO<2158>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年9月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

FRONTEO<2158>

3ヶ月後
予想株価
1,300円

米国での訴訟における証拠開示支援サービスが主力。独自開発AI活用のソリューションビジネスは金融、知財、ヘルスケア分野を軸に成長加速狙う。中計では21.3期に売上300億円が目標。19.3期1Qは黒字転換。

訴訟支援はアジアで大型案件顧客を獲得。改革終えた米国子会社の業績も安定化。AIソリューションは導入企業数拡大で高成長続く。19.3期は最終黒字へ。為替差損益見込まず。復配。株価は年初来高値を目指すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/13,800/700/600/300/7.89/3.00
20.3連/F予/19,000/1,900/1,800/1,100/28.86/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/19
執筆者:JK

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい