リプロセル—大幅に5日ぶり反発、ベンチャーと共同でiPS細胞ゲノム編集サービスを開始

マネーボイス 必読の記事



大幅に5日ぶり反発。ゲノム編集技術を手掛けるベンチャー企業のGenAhead Bio(神奈川県藤沢市)と共同で、次世代CRISPR/Cas9技術「SNIPER」を活用したゲノム編集サービスを開始すると発表している。リプロセルのiPS細胞作製技術とGenAhead社のゲノム編集技術を組み合わせることにより、既存技術では提供が難しかった高精度のゲノム編集iPS細胞を提供することが可能となるとしている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい