fbpx

ソフトブレーン—3Q増収増益、営業イノベーション事業、フィールドマーケティング事業、出版事業が堅調に推移

マネーボイス 必読の記事



ソフトブレーン<4779>は30日、2018年12月期第3四半期(18年1月-9月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比12.6%増の66.23億円、営業利益が同20.1%増の7.87億円、経常利益が同20.4%増の7.92億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同21.3%増の5.15億円となった。

営業イノベーション事業の売上高は前年同期比11.2%増の33.67億円,セグメント利益は同0.1%減の5.22億円となった。主力製品であるCRM/SFAソフトウェア「eセールスマネージャー」の販売がクラウド型を中心に堅調に推移したが、成長に向けての従業員数増加やオフィス移転等による諸経費の増加等により人件費や諸経費等が増加した。

フィールドマーケティング事業の売上高は前年同期比16.5%増の27.45億円、セグメント利益は同45.9%増の2.37億円となった。フィールド活動一括受託などのストックビジネスが引き続き好調に推移していることに加え、店頭構築などのスポット案件についても堅調に推移しており、売上伸長に寄与した。

システム開発事業の売上高は前年同期比4.9%減の3.05億円、セグメント利益は同904.7%増の0.10億円となった。一部大型案件の取引規模縮小の影響により減収となった。一方、費用面では、プロジェクト管理の徹底による収益性改善の見直しを図るなどコスト抑制に取り組み、売上高費用比率は改善した。

出版事業の売上高は前年同期比15.4%増の2.04億円、セグメント利益は0.15億円(前年同期は0.31億円の損失)となった。売上面では書籍の堅調な販売を背景に増収となった。利益面についても、増収に加えコストの抑制に取り組んだ結果、改善した。
2018年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比10.0%増の89.00億円、営業利益が同21.1%増の11.50億円、経常利益が同20.7%増の11.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同17.8%増の7.50億円とする期初計画を据え置いている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい