fbpx

ニコン—急反落、映像事業の下振れで第2四半期は市場予想に未達

マネーボイス 必読の記事



ニコン<7731>は急反落。前日に第2四半期の決算を発表、7-9月期営業利益は116億円で前年同期比9.8%増益、会社計画の80億円は上振れたものの、市場予想125億円には未達となった。映像事業の伸び悩みが市場想定比下振れの背景。映像セグメントは第1四半期時に通期見込みを上方修正したが、今回は下方修正の形になっている。年間配当金の54円から60円引き上げなども発表しているが、来期業績への懸念も強まりネガティブな見方が優勢に。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい