fbpx

ジャパンベストレスキューシステム—18/9期は営業利益60.8%増、会員事業及び少額短期保険事業で増収増益

マネーボイス 必読の記事



ジャパンベストレスキューシステム<2453>は9日、2018年9月期(17年10月~18年9月)連結決算を発表した。売上高が前期比5.1%減の117.66億円、営業利益が同60.8%増の14.30億円、経常利益が同72.5%増の16.44億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同34.6%増の11.92億円だった。

当連結会計年度における作業件数はガラス関連サービス8千件、水まわり関連サービス33千件、カギの交換関連サービス39千件及びパソコン関連サービス8千件であった。生活会員の有効会員数は2,247千人、加盟店数は430拠点、協力店数は1,953拠点となっている。

各セグメントの業績は、駆けつけ事業の売上高は17.04億円(前連結会計年度比43.5%減)、営業利益は1.40億円(同36.8%増)となった。

会員事業の売上高は62.25億円(同11.1%増)、営業利益は14.80億円(同36.9%増)となった。

少額短期保険事業の売上高は34.88億円(4.7%増)、営業利益は3.08億円(同30.2%増)となった。

リペア事業の売上高は、4.15億円(同21.0%減)となり、営業損失は0.48億円(前連結会計年度は営業損失0.93億円)となった。

2019年9月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比8.8%増の128.00億円、営業利益が同15.3%増の16.50億円、経常利益が同10.0%増の18.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同5.6%増の12.60億円を見込んでいる。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー