fbpx

スプリックス—急落で下落率トップ、今期の収益成長鈍化見通しを嫌気

マネーボイス 必読の記事



スプリックス<7030>は急落で下落率トップ。前日に前9月期の決算を発表、営業利益は24.7億円で前期比2.1倍となり、従来予想の23.5億円を上振れる着地になった。「森塾」の新規開校教室の集客や生徒数推移が堅調であった。一方、今9月期は24.7億円で同0.3%の増加にとどまる見通し。直営教室開校に向けた人件費増加や研究開発費増加でコスト負担が膨らむ。収益成長の急速な鈍化がネガティブに受け止められている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい