fbpx

キヤノン<7751>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年11月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

キヤノン<7751>

3ヶ月後
予想株価
3,500円

カメラ、事務機器大手。一眼レフは世界トップ。半導体・液晶露光装置や有機EL蒸着装置も手掛ける。監視カメラと医療機器を新事業として育成中。中計では20.12期に売上5兆円以上、営業利益率15%以上を目指す。

18.12期はオフィス機器が新製品を中心に堅調。監視カメラの拡大も続く。ただカメラや産業装置、医療機器が想定よりも振るわず。コスト管理を徹底するも期初計画から増益幅縮小へ。配当維持の期待が株価を下支えか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12連/F予/4,000,000/335,000/365,000/251,000/232.46/160.00
19.12連/F予/4,120,000/370,000/400,000/275,000/254.69/160.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/06
執筆者:JK

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい