fbpx

日経平均テクニカル:反落、十字足で下放れ懸念

マネーボイス 必読の記事



20日の日経平均は反落した。ローソク足は上下にヒゲを伴い胴体部分が極めて短い十字足を示現。5日、25日など主な移動平均線が下降して強い下落トレンドを示しており、日経平均は下放れが懸念される。日経平均と同じく移動平均線が下降トレンドを示すTOPIXが本日、一目均衡表の変化日を迎えたことも、下放れの懸念材料。一目均衡表では、日経平均の日々線は本日も雲下限を大幅に下回って推移。基準線と転換線は横ばいを保ったものの、遅行線は株価との下方乖離幅を拡大し、弱気シグナルがより鮮明になった。ボリンジャーバンドでは、日々線は下向きの中心線を下放れて-1σ側に引き寄せられて終了。明日21日以降の本格的な-1σ割れも警戒される。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー