fbpx

ワールドホールディングス—連結子会社のワールドインテックが東京大学と共同研究契約を締結

マネーボイス 必読の記事



ワールドホールディングス<2429>は19日、連結子会社であるワールドインテック(本社:福岡県福岡市)が、東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻の山口研究室と共同研究契約を締結したことを発表した。

同社R&D事業部では、高度な専門知識・技術を有する研究者を幅広い業種の企業や大学研究室、官民の研究機関に研究社員を派遣し、新薬や新製品等の研究開発の発展に貢献してきた。東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻の山口研究室では、原子・分子レベルで活性点構造が制御されたナノ金属酸化物(ポリオキソメタレート)触媒、ナノ金属水酸化物触媒、ナノ粒子触媒を独自技術で設計し、それら触媒でしか実現できないような環境調和型の新しい反応開発に取り組んでいる。

本共同研究においては、同社より共同研究員を配置し、当該研究室との共同研究を支援しながら合成技術・分析技術を習得することで生まれる効果を社内教育にも活かしていく。同時に、共同研究先で培った実践に近い研修プログラムを自ら社員教育として行う体制を整えることで、研究社員の最新の分析化学、化学合成分野の機器技術と知識を向上させていく。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい