fbpx

株価大幅上昇のGMOペイメントゲートウェイに順張りのコール買いが目立つ(22日10:10時点のeワラント取引動向)

マネーボイス 必読の記事



新規買いは原資産の株価上昇が目立つGMOペイメントゲートウェイ<3769>コール1回 12月 6,250円を順張り、カカクコム<2371>プット50回 2月 2,000円を逆張り、日本マイクロニクス<6871>コール23回 12月 900円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つLIFULL<2120>コール16回 12月 1,150円を逆張り、武田薬品工業<4502>コール170回 4月 5,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはダイフク<6383>コール18回 12月 6,000円、ソフトバンクグループ<9984>コール452回 12月 10,500円、エヌビディアコール44回 2月 250米ドル、LIFULLコール14回 12月 900円、GMOペイメントゲートウェイコール1回 12月 6,250円などが見られる。

上昇率上位はGMOペイメントゲートウェイコール1回 12月 6,250円(+61.8%)、カカクコムコール63回 12月 2,450円(+50.0%)、トヨタ自動車<7203>コール284回 12月 8,000円(+50.0%)、日本マイクロニクスコール20回 12月 1,100円(+41.7%)、国際石油開発帝石<1605>プット114回 12月 1,150円(+36.7%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)



記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー