fbpx

マザーズ先物概況:4日続伸、米国株高や円安を背景に

マネーボイス 必読の記事



28日のマザーズ先物は大幅に4日続伸して終了した。前日比20.0pt高の993.0ptで取引を終えた。高値は995.0pt、安値は970.0pt、売買高は2508枚。本日のマザーズ先物は4日続伸して引けた。前日の米国株高や円安傾向を映して日経平均が抵抗線となっていた22000円台を回復したことから、センチメント好転となった。個人投資家中心に中小型株物色も手がけやすいなか、マザーズ先物に対する関心も次第に高まり、日中取引終了時間にかけて上げ幅を拡大する展開となった。また、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言を受け、米中貿易摩擦への警戒感が後退したことも支援材料となった。なお、本日マザーズに上場した霞ヶ関キャピタル<3498>の初値は公開価格を92.6%上回る6240円となり、初値形成時の出来高は10万9700株だった。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー