fbpx

ダウ平均を対象とするコールが前日比2倍超え(29日10:00時点のeワラント取引動向)

マネーボイス 必読の記事



新規買いは原資産の株価上昇が目立つリクルートホールディングス<6098>コール16回 1月 3,000円を順張り、LINE<3938>コール29回 1月 4,400円を順張り、LINEプット24回 3月 4,500円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つコーセー<4922>コール5回 3月 32,000円を逆張り、セブン&アイ・ホールディングス<3382>コール108回 2月 4,700円を逆張り、武田薬品工業<4502>コール166回 2月 4,300円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはダウ・ジョーンズ工業株価平均コール373回 12月 25,000米ドル、ソフトバンクグループ<9984>コール452回 12月 10,500円、日経平均プット935回 3月 20,000円、ダウ・ジョーンズ工業株価平均コール394回 6月 29,000米ドル、WTI原油先物リンク債_2019年3月限コール3回 2月 70米ドルなどが見られる。

上昇率上位はダウ・ジョーンズ工業株価平均コール375回 12月 27,000米ドル(前日比2.2倍)、アルファベットコール101回 12月 1,200米ドル(前日比2.2倍)、リクルートホールディングスコール23回 1月 3,600円(前日比2.1倍)、アルファベットコール103回 12月 1,150米ドル(前日比2倍)、ダイキン工業<6367>コール94回 12月 14,500円(前日比2倍)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)



記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい