fbpx

松竹<9601>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年11月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

松竹<9601>

3ヶ月後
予想株価
11,300円

映像、演劇を中心とする総合エンターテインメント企業。ビル賃貸など不動産事業も展開。歌舞伎座タワー、有楽町センタービル等は満室。不動産事業は売上増。映像関連事業の苦戦等が響き、19.2期2Qは業績伸び悩む。

映像ソフトでは「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が好調。テレビ放映権販売では「釣りバカ日誌」が収益貢献。演劇事業は堅調。19.2期通期は増収計画。株価調整は一巡だが、PBRは1倍台。当面は戻りの鈍い展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.2期連/F予/95,600/5,660/5,000/3,210/233.65/30.00
20.2期連/F予/96,000/5,900/5,250/3,350/243.84/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/28
執筆者:YK

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい