fbpx

スリー・ディー・マトリックス—吸収性局所止血材「PuraStat」の後出血予防への適応追加の承認を発表

マネーボイス 必読の記事



スリー・ディー・マトリックス<7777>は10日、欧州子会社3-DMatrix Europe SAS.を通じ、欧州の第三者認証機関であるBSIより吸収性局所止血材「PuraStat」が後出血予防用途への適応追加が承認されたことを発表。

同商品は2014年1月14日に販売開始に必要なCEマークの指令適合を3-D Matrix Europe SAS.がBSIより承認を受けグローバルに販売を展開している。今回適応追加となった後出血とは、手術中は止血ができているように見えても、手術終了後に出血が起こるケースを指し、5-8%の割合で発生するといわれている。この後出血を予防できる止血材は、同社の製品が世界初となる。

後出血予防への適応承認があることで、術中・術後の実際の出血の有無に関わらず後出血を予防する目的で本製品を適応できるようになるため、止血用途のみならず後出血予防用途も含めると症例数及び使用量の増大が見込まれる。

なお、本件にかかり、現段階での通期業績への影響は精査中としているが、18年6月に公表した中期経営計画(19年4月期~21年4月期)には含まれていないため、精査後、計画に反映するとしている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい