fbpx

20日の日本国債市場概況:債券先物は152円51銭で終了

マネーボイス 必読の記事



<円債市場>
長期国債先物2018年3月限
寄付152円58銭 高値152円69銭 安値152円36銭 引け152円51銭
売買高総計36522枚

2年 395回 -0.150%
5年 137回 -0.145%
10年 352回  0.020%
20年 166回  0.510%

債券先物3月限は、152円58銭で取引を開始。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表後の米株下落に長期金利が低下したことを受けて、買いが先行し152円69銭をつけた。その後、日銀金融政策決定会合の結果判明を控えて持ち高調整的な売りが優勢となり、152円36銭まで下げた。日銀金融政策決定会合は現状維持。日経平均株価が一時700円を超える下落となり、再度152円69銭に上げる場面もあった。現物債の取引では、2年債と5年債が売られ、10年債と20年債が買われた。

<米国債概況>
2年債は2.65%、10年債は2.76%、30年債は2.96%近辺で推移。
債券利回りはまちまち。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.22%、英国債は1.26%で推移、オーストラリア10年債は2.34%、NZ10年債は2.32%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・21:00 英中銀が政策金利発表(0.75%に据え置き予想)
・21:00 英中銀金融政策委員会の議事要旨発表
・22:30 米・12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:15.0、11月:12.9)
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:21.5万件、前回:20.6万件)
・24:00 米・11月景気先行指数(前月比予想:0.0%、10月:+0.1%)

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー