fbpx

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値下がり、中国景気の先行きが不安視される流れ

マネーボイス 必読の記事



【ブラジル】ボベスパ指数 85460.19 +0.38%
27日のブラジル市場は小反発。主要指標のボベスパ指数は前日比324.09ポイント高(+0.38%)の85460.19で取引を終えた。84876.06から85738.94まで上昇した。

小幅安で寄り付いた後は前日の終値近辺で一進一退の展開を示した。米株式市場の上昇が支援材料となり、銀行などの一角に買いが広がった。一方、指数の上値は重い。米中貿易摩擦への懸念が再び高まっていることが指数の足かせとなった。また、原油価格の下落も資源銘柄の圧迫材料となった。

【ロシア】MICEX指数 2327.81 +0.82
27日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMICEX指数は前日比18.96ポイント高(+0.82)の2327.81で取引を終了した。2316.66から2340.63まで上昇した。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅をやや縮小させた。前日の米株式市場の大幅上昇が好感され、ロシア株にも買いが広がった。また、通貨ルーブル安の進行なども資源輸出大手の物色手掛かり。一方、指数の上値は重い。原油価格の下落が足かせとなった。

【インド】SENSEX指数 35807.28 +0.44%
27日のインドSENSEX指数は続伸。前日比157.34ポイント高(+0.44%)の35807.28、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同49.95ポイント高(+0.47%)の10779.80で取引を終えた。

高く寄り付いた後は上げ幅を縮小させ、引けまで狭いレンジで推移した。前日の米株式市場の大幅上昇が好感され、インド株にも買いが先行。また、最近の下落で足元では値ごろ感も引き続き強い。

【中国本土】上海総合指数 2483.09 -0.61%
27日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比15.21ポイント安(-0.61%)の2483.09ポイントと3日続落した。

中国景気の先行きが不安視される流れ。この日公表された全国工業企業の11月利益総額は、前年同月比で1.8%減となり、約3年ぶりにマイナス成長まで落ち込んでいる。自律反発狙いの買いで指数は小高く推移していたものの、上値は重く、後場途中から売りが優勢となった。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー