fbpx

FRONTEO<2158>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年12月25日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

FRONTEO<2158>

3ヶ月後
予想株価
800円

米国での訴訟における証拠開示支援サービスが主力。独自開発のAIを活用したソリューション事業は金融、知財、ヘルスケア分野を軸に拡大狙う。中計では21.3期に営業益42億円を目指す。19.3期2Qは黒字転換。

19.3期はAIソリューションが軌道化。訴訟関連はアジアの大型案件顧客獲得や構造改革の効果で改善続く。米国の内部体制強化に向けたコンサル費用こなし、利益拡大へ。復配。成長期待が株価を下支えする展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/13,800/700/600/300/7.88/3.00
20.3連/F予/18,000/1,600/1,600/800/20.99/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/25
執筆者:JK

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい