fbpx

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は小幅に値下がり、戻り待ちの売り圧力が意識される流れ

マネーボイス 必読の記事



【ブラジル】ボベスパ指数 92031.86 +0.36%
8日のブラシル株式市場で主要株価指数のボベスパ指数は強含み。前日比332.81ポイント高(+0.36%)の92031.86で取引終了。一時92230.99まで上昇した。

株価指数の構成銘柄では37が上昇、28が下落、変わらずは0。BFR、ブラジル中央電力などが強い動きを見せた。米中通商協議進展への期待で米国株式は続伸したが、この動きも好感されたようだ。

【ロシア】MICEX指数 2375.60 -0.70%
8日のロシア市場で主要株価指数のMOEXロシア指数は弱含み。前日比16.81ポイント安(-0.70%)の2389.69で取引を終えた。

株価指数のレンジは2375.20−2403.66。欧米株高を好感した買いが入るとの見方があったが、2400ポイントを上回る水準では利食い目的とみられる売りが観測された。米中通商協議の進展が期待されており、米国株高につながる材料が提供されたこともMOEX指数の上昇を抑える一因となった可能性がある。

【インド】SENSEX指数 35980.93 +0.36%
8日のインドSENSEX指数は小幅高。前日比130.77ポイント高(+0.36%)の35980.93、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同30.35ポイント高(+0.28%)の10802.15で取引を終えた。

今週からの決算発表を控えて、期待による買いや警戒などの売りが散見されたが、買いがやや勝る結果となった。

【中国本土】上海総合指数 2526.46 -0.26%
8日の上海総合指数は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比6.63ポイント安(-0.26%)の2526.46ポイントと3日ぶりに反落した。

戻り待ちの売り圧力が意識される流れ。上海総合指数は前日まで急ピッチに上昇し、約2週ぶりの高値水準を回復していた。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。米中両国による次官級の貿易協議は7~8日にかけて行われた。貿易摩擦緩和の期待が強まっている。


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー