fbpx

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は3日続落、引けまで安値圏で推移した

マネーボイス 必読の記事



【ブラジル】ボベスパ指数 94474.13 +0.87%
14日のブラジル市場は小反発。主要指標のボベスパ指数は前日比815.82ポイント高(+0.87%)の94474.13で取引を終えた。93335.06から94474.13まで上昇した。

売りが先行した後は買い戻され、終盤に上げ幅を一段と拡大させた。年金など構造改革に対する期待が高まっていることが支援材料。年金改革が順調に進んだ場合、ブラジルの株式市場が現水準からさらに40%上昇すると期待されている。一方、海外市場の下落や世界的な景気減速懸念が高まっていることが指数の上値を押さえた。

【ロシア】MICEX指数 2440.15 -0.18%
14日のロシア株式市場は3日ぶりに反落。主要指標のMICEX指数は前日比4.30ポイント安(-0.18%)の2440.15で取引を終了した。2440.15から2418.65まで下落した。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅を縮小させた。世界的な景気減速懸念が高まっていることや海外市場の下落が嫌気された。12月の中国の輸出入は予想外に縮小。また、海外市場の下落も圧迫材料。国内では、米上院が資産家オレグ・デリパスカ氏が出資している企業への制裁解除を支援しない方針だとの報道が関連銘柄の売り手掛かりとなった。

【インド】SENSEX指数 35853.56 -0.43%
14日のインドSENSEX指数は3日続落。前日比156.28ポイント安(-0.43%)の35853.56、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同57.35ポイント安(-0.53%)の10737.60で取引を終えた。

買いが先行した後は売りに押され、引けまで安値圏で推移した。海外市場の下落が嫌気され、インド株にも売りが広がった。また、世界的な景気減速懸念が高まっていることも圧迫材料。12月の中国の輸出入が予想外に縮小した。

【中国本土】上海総合指数 2535.77 -0.71%
週明け14日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比18.07ポイント安(-0.71%)の2535.77ポイントと反落した。

中国景気の先行きが改めて不安視される流れ。取引時間中に公表された昨年12月の貿易統計では、人民元ベースの輸出が0.2%増にとどまり(予想は6.6%増)、輸入は予想(12.0%増)に反して3.1%のマイナス成長となった。輸出が急減するなか、国内製造業の業績悪化や失業率の上昇も警戒されている。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー