fbpx

リボミック—大幅に反発、滲出型加齢黄斑変性症を適応症とするRBM-007で低用量群の安全性確認

マネーボイス 必読の記事



大幅に反発。自社開発品RBM-007(抗FGF2アプタマー)の米国での第1 /2a相臨床試験で、第1コホート(低用量群)の安全性が確認され、第2コホート(第1コホートより投与量増加)の最初の患者への投与が行われたと発表している。適応症は滲出型加齢黄斑変性症。今回の第1 /2a相臨床試験では、3用量(3コホート)を設定し、主に安全性及び忍容性を確認している。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい