fbpx

宇部興産<4208>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2019年1月22日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

宇部興産<4208>

3ヶ月後
予想株価
2,700円

総合化学大手。ナイロン原料のカプロラクタムを主力に、合成ゴム、機能品・ファイン等を展開。カプロラクタムは世界首位。創薬、原薬・中間体製造、ジェネリックなどの医薬品も注力。中間期は利益足踏みも増収確保。

アンモニア設備のトラブルや2年に1度の定修が響くも、車載向けセパレーターの数量増やナイロン値上げが寄与。カプロラクタム採算が想定超過、セメント値上げ効果が4Q発現で、下期利益増勢へ。株価は回復局面か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/740,000/44,000/45,500/30,500/290.40/75.00
20.3期連/F予/760,000/48,500/50,000/32,000/304.70/75.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/22
執筆者:YT

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい