fbpx

東京為替:ドル・円は109円台、豪ドルは上昇基調

マネーボイス 必読の記事



5日午後の東京市場でドル・円は失速し、足元は110円を下回る水準で推移。豪準備銀は政策金利を予想通り据え置いたが、同時に公表した声明で雇用情勢の改善に強気との見方が広がり、豪ドル買い・ドル売りに振れ、ドル・円は小幅に値を下げたようだ。それを受け、南アランドなども豪ドルに連れ高している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円86銭から110円04銭、ユーロ・円は125円63銭から125円86銭、ユーロ・ドルは1.1433ドルから1.1440ドルで推移した。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい