fbpx

前日ストップ高のソフトバンクグループを対象とするeワラントの取引が活況(8日10:00時点のeワラント取引動向)

マネーボイス 必読の記事



新規買いは原資産の株価上昇が目立つソフトバンクグループ<9984>コール447回 2月 10,000円を順張り、ソフトバンクグループプット354回 2月 10,000円を逆張り、ソフトバンクグループコール459回 6月 14,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つルネサスエレクトロニクス<6723>コール13回 3月 800円を逆張り、東京エレクトロン<8035>プット179回 2月 16,500円を順張り、住友金属鉱山<5713>コール211回 5月 4,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはCYBERDYNE<7779>コール36回 2月 1,700円、ツイッターコール14回 2月 40米ドル、SUMCO<3436>コール151回 2月 3,600円、CYBERDYNEコール35回 2月 1,500円、富士フイルムホールディングス<4901>コール69回 2月 4,700円などが見られる。

上昇率上位は富士フイルムホールディングスコール69回 2月 4,700円(前日比3倍)、ソニー<6758>コール323回 4月 7,000円(前日比2.4倍)、明治ホールディングス<2269>コール20回 3月 9,500円(前日比2.1倍)、富士フイルムホールディングスコール70回 4月 5,500円(+91.7%)、オリエンタルランド<4661>コール85回 2月 11,500円(+70.1%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)


記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい