fbpx

ブレインパッド—上方シグナル発生へのハードルは低い

マネーボイス 必読の記事



昨年11月29日高値8560円をピークに調整が続いているが、これまで5000円処が下値支持線として機能しており、押し目拾いのタイミングとして意識されそうだ。一目均衡表では雲下限を下放れており、転換点、基準線が上値抵抗として意識されている。ただし、遅行スパンは実線の安値水準に位置しており、上方シグナル発生へのハードルは低い。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい