fbpx

日本銀行、中銀発行のデジタル通貨に関する論文公開【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



日本銀行が19日、中央銀行が発行するデジタル通貨に関してワーキングペーパー「情報技術革新・データ革命と 中央銀行デジタル通貨」を公開した。

論文の中では、「日本銀行を含む多くの主要中央銀行は、現時点では銀行券を代替するようなデジタル通貨を発行する計画はないと表明している」と、現状では日本銀行には広く一般のユーザーが現金の代わりに利用可能なデジタル通貨を発行する計画がない立場を明らかにしている。

ただし、「デジタル情報技術は、マネーの可能性を拡げる」として、「従来からの支払決済手 段としての機能に加え、支払決済に付随するさまざまな情報の媒介や取引の実行など多様な機能を備えたマネーが、今後も登場してくることが想定される」と続けている。

また、論文の中では北欧など一部の国においてる現金の減少や金融包摂の推進が進んでいること、仮想通貨やブロックチェーン技術の出現によって中央銀行発行のデジタル通貨に注目が集まっていること、犯罪・脱税や資金洗浄の防止につながる可能性などが指摘されている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい