fbpx

NY為替:英国のEU離脱期限延期の可能性も

マネーボイス 必読の記事



21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円57銭へ下落後、110円84銭まで上昇し、110円70銭で引けた。12月の米耐久財受注、1月景気先行指数、2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を下回ったことから、ドル売りが優勢となった。その後、米債利回りの上昇に伴うドル買いに下げ止まった。

ユーロ・ドルは1.1366ドルから1.1323ドルまで下落し、1.1336ドルで引けた。域内の製造業PMIが活動の縮小を示したほか、欧州中央銀行(ECB)定例理事会要旨で、短期的な成長は予想を下回るとの見解が示されたため、ユーロ売りが強まった。ユーロ・円は、125円77銭から125円45銭まで下落。ポンド・ドルは、1.3095ドルまで上昇後、1.3027ドルまで下落。欧州連合(EU)からの離脱について、離脱期日の3カ月延期観測が強まったためポンド買いが強まった。ただ、EU高官が、協議の行き詰まりに言及し、ポンド売りが再燃。ドル・スイスは、0.9995フランへ下落後、1.0023フランまで上昇した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい