fbpx

大阪ソーダ<4046>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2019年2月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大阪ソーダ<4046>

3ヶ月後
予想株価
2,700円

かせいソーダや塩素等の基礎化学品を主力に、合成樹脂や合成ゴム等の素材の機能化学品を国内外で手掛ける。中期経営計画の海外売上高比率の目標は30%。19.3期3Q累計の利益は二桁の増益。会社計画を上回った。

19.3期の基礎化学品は国内向けの堅調な推移が続く。かせいソーダの価格改定も寄与。機能化学品は国内と欧米販売数量が増加。医薬品関連も国内や中国向けが好調。株価指標は割安水準。株価は強含み。上昇余地大きい。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/107,000/8,500/9,200/6,100/266.86/60.00
20.3期連/F予/112,000/8,950/9,660/6,400/280.08/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/02/11
執筆者:NI

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい