fbpx

関電工—反落、中期業績下方修正で国内証券が格下げ

マネーボイス 必読の記事



関電工<1942>は反落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に格下げ、目標株価も1350円から1200円に引き下げている。中期的な業績予想の下方修正を評価引き下げの背景としている。安定的な業績拡大は続く見通しであるが、意欲的な受注計画は未達となる可能性があり、受注採算も伸び悩むと想定している。株価評価には、配当性向を意識した増配や自社株買いなどの株主還元強化が必要と指摘。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー