fbpx

オプティム—AI・ドローンの活用で生産された、残留農薬不検出「スマート玄米」提供開始

マネーボイス 必読の記事



オプティム<3694>は25日、AIやドローンを活用して栽培された、残留農薬不検出の米「スマート玄米」を提供開始したことを発表した。

同製品は、同社が特許を保有するドローンを用いた「ピンポイント農薬散布テクノロジー」で栽培されており、散布する削減対象農薬を最大100%削減した。

同社は同製品の売上の一部を、日本の農業の未来を担う生産者に還元するとしている。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい