fbpx

欧州為替:ドル・円は110円36銭から110円48銭で推移

マネーボイス 必読の記事



 27日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円36銭から110円48銭で推移した。印パの地政学的リスクへの懸念や米朝首脳会談を控えて、欧州株は全面安、米株先物も下落し、リスク回避的な円買いが優勢気味になった。

 ユーロ・ドルは1.1377ドルから1.1404ドルまで上昇し、ユーロ・円は125円58銭から125円96銭まで上昇した。米FRBの利上げ休止方針確認やポンドの反発を受けて、ユーロ買いが優勢になった。

 ポンド・ドルは1.3254ドルから1.3336ドルまで上昇。英国の合意なきEU離脱懸念が弱まり、ポンド買いが進んだ。ドル・スイスフランは0.9995フランから0.9962フランまで下落した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい