fbpx

欧州為替:ドル・円は111円82銭から111円96銭で推移

マネーボイス 必読の記事



 4日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円82銭から111円96銭で推移した。欧州株はほぼ全面高で米株先物も上昇する一方、米10年債利回りが2.74%台に低下するなか、ドル・円は111円台後半で小動きが続いた。

 ユーロ・ドルは1.1358ドルから1.1328ドルまで下落し、ユーロ・円は127円12銭から126円73銭まで下落した。ポンドの下落に連れ安気味になった。

 ポンド・ドルは1.3254ドルまで上昇後、1.3187ドルまで下落。メイ英首相のEU離脱方針への支持が広がりつつあるとの見方からポンド買いが先行後、英国の2月建設業PMIの低下をきっかけにポンド売りになった。ドル・スイスフランは1.0002フランから1.0020フランで推移した。


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー