fbpx

日経平均株価がゴールデンクロス、SMBC日興証券(花田浩菜)

マネーボイス 必読の記事





こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

3/5付の「DailyOutlook」では、日経平均株価について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『日経平均株価は、本日にも25日移動平均線(4日:21,096円)が75日移動平均線(4日:21,125円)を、ほぼ4ヵ月ぶりに上抜くゴールデンクロスとなりそうだ』と伝えています。

これは、株式市場の着実な回復を示す事象の一つと捉えることができるとして、『今後は、200日移動平均線(4日:22,048円)など節目となる22,000円水準が意識されよう。先週は米朝首脳会談や米中通商協議、本日は中国で全国人民代表大会(国会に相当)が開幕するなど、重要な政治イベントが続いている。株式市場は、不透明感の低減として前向きに受け止めている模様で、22,000円超えの展開が期待できそうだ』と分析しています。

さらに、『日経平均株価がゴールデンクロスを迎えているが、東証33業種別株価指数でみると、電気機器や機械などは先行して25日と75日移動平均線のゴールデンクロスを達成、一方で小売業などのゴールデンクロスはまだ遠い状況だ。小売業が出遅れているのは、9-11月期決算が自然災害や暖冬で不振だったことや、12月以降も月次データで顕著な回復がみられないことなどが影響していよう。しかし、サービス業も加えた消費関連は、復調が確認されつつあるうえ、新元号公表まであと1ヵ月を切るなど、改元に伴う消費喚起イベントがいよいよ本格化する。出遅れをキャッチアップする動きを見込んでいる』とまとめています。

最後にレポートでは、『日経平均株価と3つの移動平均線』を紹介しています。詳しくは3/5付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい