fbpx

中国の浙江省温州市の居住者は「ブロックチェーン村」の考えを強調

マネーボイス 必読の記事



中国のある地域の報告によると、浙江省の東南沿海に位置する温州市内の村Yuedongが、暗号通貨やブロックチェーン技術を受け入れていることで、注目を集めている、という。ミニブログサイトのWeibo(新浪微博)の投稿メッセージにも書かれているが、Yuedong村の住民のおよそ60%が暗号通貨について知っており、同様に多くの村人を暗号通貨に投資もしている。
温州市のブロックチェーン工業団地
山間の村であるYuedongは今、デジタル通貨に親和性のある村として知られている。2019年3月7日(木)、地元住民がWeiboで「ブロックチェーン工業団地」と名付けた集落の写真を共有した。コラムニストであるlylianTeng氏はまた、村の話を確認し、名字がLinさんという村人に話を聞いた。
Linさんは、Yuedong村は最近、大変人気になり、多くの暗号通貨に関心のある人々を受け入れている。ミニブログは、Yuedong村の大多数の住民は暗号通貨を歓迎しいる。なぜなら、YangLinke氏がこの村で生まれたからである、と伝えている。

YangLinke氏
YangLinke氏とは、中国で最初のビットコインの取引所であるBtcchinaの共同創業者であり、Yuedong村の住人は彼を尊敬しているのだ。

中国の温州市は、浙江省の東南に位置している
村についての別の面白い事実は、村の中を川が流れているが、その川のガードレールには、暗号通貨のロゴが刻み込まれていることだ。なぜなら、YangLinke氏は、初期の段階から暗号通貨を採用しており、彼の故郷の若者たちに、暗号通貨のソリューションは次世代にむけたものであることを納得させているのだ。
Yuedong村のLinさんは、住民の60%から70%はブロックチェーン技術について知っており、または、デジタル資産に投資をされている。およそ10%の温州市の住民は、ブロックチェーン技術を鼓舞することに時間を費やしている。Teng氏は、彼の故郷のことを話しながら、暗号通貨のロゴが刻み込まれているガードレールの写真を共有していると、彼のWeiboのフォローワーに書いている。

1000メートルの長さの石のガードレールには、約10種類の暗号通貨が岩に彫られている
「温州ギャング」が暗号通貨に照準を合わせる
村人のLinさんは、1000メートルの石のガードレールには、約10種類の暗号通貨のロゴが刻み込まれており、そのロゴは、ビットコインやイーサリアム、イーサリアムクラシック、バイなんスコインとオントロジーが含まれている。
長さ1000メートルの石造りのガードレールの彫刻は、すべて暗号通貨の寄付によって賄われており、市内の住民たちは「ブロックチェーンのテーマパーク」を建設している最中である。温州地域の住民は事業とお金儲けに長けていることで有名である。「Eos-Wenzhou」と呼ばれる村のEOSブロックの生産者でもある。浙江省南東部の温州市に住む暗号通貨投資家の多くは、「温州ギャング」と呼ばれている。
News.Bitcoin.comは、2017年12月に「温州ギャング」のことをすでに報じている。なぜなら、そのときに、多くの温州市の投資家は積極的に暗号通貨や中国中の不動産に投資をしていたからである。2008年を振り返ると、温州語を話す陳さんという名前の商んは、20人の友人と不動産グループを組織し、全員がチームとして不動産を購入した。

Yuedongは暗号通貨取引所のBtccの共同創業者のYangLinke氏の故郷.
しかし、2017年の暗号通貨が強気相場になったとき、中国政府は不動産資に対する制作を非常に厳格にしたので、Chenさんとクルーは、すべての不動産と利益を売却して暗号通貨に変えることに決めた。
Yuedong村のLinさんによると、地元の温州政府当局者は「ブロックチェーン工業団地」」構想に非常に好意的に、高く評価している、という。
出典「China’sWenzhouResidentsBolstertheIdeaofa‘BlockchainVillage」



【ニュース提供・エムトレ】


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい