fbpx

コインチェック、ビットコインSVの日本円での交付を発表【フィスコ・アルトコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



仮想通貨取引所コインチェックは18日、仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークにより発生した通貨ビットコインSV(BSV)について、日本円での交付を行うと発表した。交付予定日時は、市場価格等へ影響する可能性があるため公表していないが、交付の実施後、同社の公式SNSなどによりお知らせするとしている。

ビットコインSVは、2018年11月16日午前2時ごろのビットコインキャッシュのハードフォーク(機能向上のための技術仕様変更)により発生した仮想通貨である。ビットコインキャッシュは、仕様をめぐり2つの開発チームが相容れない仕様を提案していたことで、当初は両陣営のハッシュパワー(仮想通貨の新規発行などに必要な計算であるマイニングにおける計算力の強さ)によってどちらの仕様が有効か決める戦いとしていたが、最終的にはビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)という2つのコインに分裂した。

今回の発表では、対象者はハードフォーク発生時点で、同取引所の「取引アカウント」または「貸仮想通貨アカウント」においてビットコインキャッシュを保有し、かつ2019年3月18日 午前11時時点で当該アカウントが通常通り利用できる状態になっているユーザーとしている。同社にてビットコインSVを売却後、対象者のビットコインキャッシュ保有量に応じて交付するという。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー