fbpx

3月21日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事



 21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円38銭から110円96銭まで上昇し、110円80銭で引けた。

米国の3月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想以上に改善、週次新規失業保険申請件数も予想を下回ったため米国経済の成長への懸念が後退し、ドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1397ドルから1.1343ドルまで下落して1.1350ドルで引けた。ユーロ圏3月消費者信頼感指数速報値が予想を下回りユーロ売りが優勢となった。

ユーロ・円は、126円14銭から125円71銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.3173ドルから1.3004ドルまで下落。メイ首相が離脱協定案を巡る議会の支持を得られない一方で、EUも再交渉の意思がないことを再表明し、ハードブレグジットへの警戒感が再燃しポンド売りが加速した。

ドル・スイスは、0.9915フランへ下落後、0.9946フランまで上昇した。


[経済指標]
・米・3月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:13.7(予想:4.8、2月:-4.1)
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.1万件(予想:22.5万件、前回:23.0万件
←22.9万件)
・米・失業保険継続受給者数:175.0万人(予想:177.0万人、前回:177.7万人
←177.6万人)
・ユーロ圏・3月消費者信頼感指数速報値:‐7.2(予想:-7.1、2月:-7.4)


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい