fbpx

ヤクルト本社<2267>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2019年3月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ヤクルト本社<2267>

3ヶ月後
予想株価
8,200円

乳酸菌飲料国内最大手。食品、医薬品、化粧品も手掛け、海外売上高約42%。1日に約3000万本の乳製品を国内外で販売。ヤクルトレディの販売力に強み。19.3期3Q営業利益は、市場コンセンサスを小幅下ブレ。

中国販売が鈍化も、インドネシアやメキシコが好調。6月には中国乳製品日産能力を1430万本へ増強。3月18日発売の高単価新商品「ヤクルトファイブ」に期待感。モメンタム回復により、株価は緩やかな上昇を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/418,000/48,000/58,500/39,000/243.40/44.00
20.3期連/F予/435,000/55,000/65,000/43,000/268.00/44.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/09
執筆者:YT

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい