fbpx

窪田製薬HD Research Memo(5):スターガルト病治療薬候補の臨床第3相試験は順調

マネーボイス 必読の記事



■主要開発パイプラインの概要と開発動向

3. エミクススタト(スターガルト病)
スターガルト病は遺伝性の若年性黄斑変性で有効な治療法が確立していない稀少疾患の1つである。8千人から1万人に1人の割合で発症し、患者数は日米欧で15万人弱、米国だけで見ると3.2~4万人と推計されている※小児期から青年期における視力低下や色覚障害等が主な症状として挙げられ、大半の患者が視力0.1以下に低下すると言われている。

※Market Scope,「Retinal Pharma & Biologics Market」「UN World Population Prospects 2015」をもとに、窪田製薬ホールディングス<4596>が推計。


発症原因は、網膜内にあるABCA4遺伝子の突然変異によるものと考えられている。ABCA4遺伝子は光を感じる働きを司る「視覚サイクル」によって生じる有害なリポフスチン(以下、A2E)を処理する役割を果たすが、本遺伝子が突然変異により本来の役割を果たさなくなることで網膜内にA2Eが蓄積し、視力低下が徐々に進行していくメカニズムで、有効な治療法が確立されておらず、アンメット・メディカルニーズ※として開発が望まれている疾患となる。

※いまだに治療法が見つかっていない疾患に対する医療ニーズ。


エミクススタトは動物モデルを用いた前臨床試験において、このA2Eの蓄積を抑制する効果が確認されている。エミクススタトが「視覚サイクル」において重要な役割を果たすRPE65と呼ばれる酵素を選択的に阻害するため、視覚サイクルによって生じる老廃物を減らす作用があるためと考えられる。このため、エミクススタトの投与によりスターガルト病の症状の進行を抑制する効果が期待される。

2017年1月より実施した臨床第2a相試験(22症例)ではエミクススタト投与1ヶ月後に、網膜電図を用いて点滅光に対する網膜の電気的応答の変化を検証した。杆体の反応は、網膜電図ではb波で示される。エミクススタトは視覚サイクルにおいて重要な役割を果たす酵素RPE65を阻害して杆体を休ませることで、視覚サイクルを抑制する働きが確認されている。このことから、本試験ではスターガルト病患者に対して、杆体b波の振幅が投与1ヶ月後にどれくらいの割合で抑制されるかを主要項目に設定して実施した。その結果、用量依存的で最大90%を超える抑制効果が見られた。また、投与用量における安全性及び忍容性が確認され、主要評価項目を達成した。

同社ではこの結果を受けて、臨床第3相試験を2018年11月に開始した。本臨床試験ではプラセボとの二重盲検比較試験を行い、1日1回、10mgの経口投与を24ヶ月間実施する。欧米の約10ヶ国、約30施設で合計約160名の被験者登録を見込んでいる。主要評価項目は、プラセボ群に対する黄斑部の萎縮進行の抑制効果を検証するというもの。また、副次的評価項目として最良矯正視力のスコアや読速度などの視機能の変化も見る。米国では2017年にFDAからオーファンドラッグ※認定を受けている。被験者登録については、2019年末から2020年初の段階で完了を目指している。24ヶ月の試験となるため、最終被験者への投与を開始してから2年後に臨床試験が終了する。なお、競合薬の開発状況としては、サノフィ(フランス)が臨床第1/2相試験を行っている段階にある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい