fbpx

PXB—ストップ高、高尿酸血症モデル動物に関する発明で特許登録

マネーボイス 必読の記事



ストップ高。高尿酸血症モデル動物に関する発明が日本で特許登録されたと発表している。同社が開発したモデル動物作製技術は、ヒト肝細胞キメラマウスにイノシン酸配合餌を給餌することで、高い効率で血中尿酸濃度が高い実験動物の作製を可能にするもの。オキソン酸などの薬剤投与を必要とせずヒトと同等の高尿酸血症病態を示すため、治療薬のスクリーニングや高尿酸血症のメカニズム研究等へ寄与すると期待されている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい