fbpx

レッド・プラネット・ジャパン<3350>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2019年3月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

レッド・プラネット・ジャパン<3350>

3ヶ月後
予想株価
15円

レッドプラネット浅草などホテル事業を展開。飲食事業やディストリビューション事業から撤退。ホテル事業に経営資源集中。3つのホテル用地を確保。浅草、五反田等の既存ホテルは業績安定。18.12期は大幅増収。

レッドプラネット札幌すすきの南の稼働率は回復。フィリピン・マニラ、広島市で新規ホテル開業予定。19.12期は増収か。既存ホテルは堅調続く公算。PBRは1倍割れだが、株価には手掛けづらさ。当面はもち合いか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.12期連/F予/2,400/-80/-130/300/1.00/0.00
20.12期連/F予/2,800/30/0/360/1.20/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/19
執筆者:YK

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー